2015年04月13日

可動モデルに挑戦

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
大変ご無沙汰しております。
わかみやんは、元気です。
模型がご無沙汰だったのではなく、ブログがご無沙汰でしたw
したがって、ブログでまだ発表していない作品もあります。
今は、6月6、7日に予定されている、おおなみ会の展示会に出品する作品を制作中です。
今回の題材は、タミヤ72の晴嵐です。
フォールディングウィングを可動で再現することに挑戦しました。
初めは、「実物に忠実に!」と鼻息も荒かったのですが、
事のほか大変だったことがわかり(←他のモデラーさんやらないはず)
今はグダグダで、「とりあえず、可動すればいいんじゃね?」ぐらいハードルは下がっています。

P1010091_R.JPG

特に苦労したのは、ヒンジで、プラ製だと強度がなく、ポリパーツは大きすぎる、試行錯誤を繰り返した結果、真鍮板と真鍮線をハンダ付けして作りました。

P1010093_R.JPG

主翼断面の間にはネオジム磁石を組み込みましたが、ちょっと強度不足でした。主翼を展開したときに、若干垂れ気味になります。改善の余地ありですね。

P1010094_R.JPG

フロートはおまけですが磁石で主翼に取り付けることができるようにしました。

P1010015_R.JPG

さらに、アツタ32型を組み込みます。Aモデル製、DB601Aを流用しました。2000円以上するわりにはクォリティーがアレで、ディテールに手を加えました。パイピングなどのディテールは大人の事情でオミットしていますw
posted by wakamiyan at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 晴嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

F-82G

明けましておめでとうございます。

最近めっきりと書き込みが減りました。(反省してますm(_ _)m)

記事の材料はいろいろと確保しているのですが、

なかなかPCの前に座ってブログを更新るす機会がありません(><)

例えば、このツインムスタングのように...。

P1010033_R.JPG

P1010035_R.JPG

去年の秋ごろから、四苦八苦しながら組んでいたスペシャルホビーのキットです。

やっとこ完成したのが年が変わって、1月3日。

スケールは1/72、それでもモノグラムのものよりかは良いできのようです。

しかし、作品いたってアシンメトリック。

正面からの画像はアラが出ますので、お見せできませんわ。

簡易インジェクションキットは、かなり気合を入れないと完成しませんね。

普通、ツインムスタングを初めて見た人は「?」となります。

「なんで2機くっついてんの?」「本当に飛ぶの?」(まぁ、最初のテストのときはプロペラの回転方向の関係で飛ばなかったらしいですが...)

ただの双発複座型戦闘機として見られないようです(´Д`;)

長距離を飛ぶため、パイロットの負担を軽減するために操縦士は2人搭乗します。(普通の旅客機などと同じですね。)

左のコクピットに機長、右には航法を兼ねたパイロットが搭乗します。

ツインムスタングは元々、長距離を飛ぶB29を護衛する戦闘機として開発されました。

新しく機体を設計するより、既存のP-51ムスタングを二機くっつければ手っ取り早くね?というような斬新なアイデアですね。

まぁ、実際はそれほど簡単なものでもなかったようですが...。

しかし、ツインムスタングの量産体制が整った頃には時すでに遅し。

米軍はすでに占領していた硫黄島からB29を飛ばし、日本の首都東京を爆撃。航続距離から言って、護衛は単発戦闘機のP-51ムスタングで十分に間に合ったわけですね。

しかし、日本が降伏した約5年後に朝鮮戦争が始まり、ツインムスタングが再び注目されます。

足の長いツインムスタングは、中央におおきなレドームを取り付けた、F−82として生まれ変わり夜間戦闘爆撃や偵察に活躍しました。

それでは皆様、今年も宜しくお願いします。
posted by wakamiyan at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Korean War Collection | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

2014おおなみ会展示会

みなさま、チョーお久しぶりです。
ブログはサボっていましたが、模型はさぼってませんでしたよ〜。
(じゃぁ、ちゃんとレポートしろや!)

「はい、すみません(´A`)」

もー、何回目でしょうか。
先週、12月6、7日とおおなみ会の展示会がありました。

わかみやんは、意外と面倒だったタミヤの二号戦車をはじめ、半ばあきらめかけたケッテンと去年完成させたIV号突撃砲を持っていきました。

今回のテーマは、何でもドイツでしたが、わかみやんのテーマはドイツでも、降下猟兵がテーマでした。

P1010095_R.JPG

四突の上で一服する降下猟兵です。

P1010109_R.JPG

サイバーホビーのケッテン。題して、「逃げる降下猟兵」。付属フィギュアを改造しました。まだまだ修行が足りません。

P1010116_R.JPG
履帯で苦労したII号戦車C型。もっとサクサク組めるはずでした。

P1010099_R.JPG
N田さんの作品。アナ雪の主役を演じた声優さんコスプレバージョンです。東部プラモコンテスト出品作品です。(ということは、わかみやんのワイルドキャットと並べられたのか!?)

P1010094_R.JPG
S澤会員のギガントのジオラマ。スケールは1/48、でかいです。誰だ、ガウ攻撃空母などという人は!?

P1010104_R.JPG
長門の砲塔です。これを見るために、元海自幕僚長が展示会に訪れました。

P1010102_R.JPG
展示会の後の懇親会はこんな感じ。P-51は1/32でカーボンファイバー製、ソリッドモデルです。知る人ぞ知るO石さんの作品。完成が楽しみです。

posted by wakamiyan at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。