2008年03月05日

二式大艇H

二式大艇がとうとう完成した。

このキットを完成させたのは今回が3回目。同じキットを作ると、反省点がフィードバックされて、完成度が上がるところが嬉しい。

二式大艇もこのアリイのキットも好きなので、また機会があればつくりたいと思う。

IMG_1029.JPG

IMG_1030.JPG


posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

二式大艇F

最近、寒さは厳しく、朝はなかなか布団から出れない。

寒い冬は必然的に作業ペースは下がる。

さて、戦時中の二式大艇の見ると、主翼発動機の後方、フラップの手前の塗装の剥がれがひどいが、これはやはりプロペラ後流の影響か?

IMG_1028.JPG

さて、この塗装の剥がれの表現を何を使って表してると思いますか?

答えは何と、色鉛筆ですw。

銀色の色鉛筆をこすり付けてそれらしく表現している。でもクーピーとか子供の色鉛筆を借りてるわけじゃなく、ちゃんと模型用に画材点で入手した色鉛筆を使っているw
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

二式大艇G

職場で同じ飛行機好きの方に呼び止められ、新しく発売されたGAKKEN出版の「歴史群像シリーズ−二式大艇と飛行艇」をみせてくれた。

このシリーズはCGで航空機内部も再現してあって、模型のディテールアップをするモデラーにとっては重宝する。

パラパラとみていると、詫間航空隊のN−28のイラストが載っていた。

丁度いいタイミングで現在、製作代行で作ってる二式大艇は、依頼者の方のリクエストでこのN-28号の機番を選択した。

現存の二式大艇は詫間空のN−31号だ。

このマーキングを参考にして、機番の色は黄燈色で、スピンナーの先は赤と決めていた。

だが、この資料によると、機番は白でスピンナーは全部茶褐色になってる。大変参考になった。


ってゆーか、もうすでにスピンナーは塗装済みなので、塗り替えなければ(;Д;)
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

二式大艇E

上面の塗装が完了した。

nishiki6.bmp

この後、はみ出した部分の修正をした後、汚し塗装し、デカールシールを貼って、フロート及びアンテナ類を取り付ける。

だいぶ完成に近いように見えるが、完成まではもう少し時間がかかりそう。
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

二式大艇D

やっとすべてのパーツの処理を終え、塗装に着手した。

IMG_1019a.jpg

画像は下地をエアブラシで吹き終えたところだ。

サーフェイサーという下地を塗ることにより、ヤスリがけなどの細かい傷を消すことができる。

この後、マスキング(違う色で塗り分けるためにテープなどで塗装面をカバーして)→塗装を繰り返し、仕上ていく。
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

二式大艇C

nishiki3.bmp


クリアーパーツを接着して、段差があるのでパテを盛ってスムーズにしている。

胴体の細部を仕上げるのに時間がかかるため、主翼を接着するまでに2日ぐらいかかるかなという状況だ。
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

二式大艇B

プラモデルでは普通、筋彫りという外板と外板のつなぎ目部分が溝で再現されている。

モールドと言ったりもする。これは車や艦船、ガンプラでもある。

古いプラモデルの中には、モールドが凸の線になっているものもあるが、これがないと、完成してもなんとものっぺりとしたスケール感のないものになってしまう。

2.jpg

写真は胴体左右を張り合わせたところ。

筋彫りを追加してスケール感をアップした。

透明パーツも取り付けて隙間をパテで埋める。

もちろん胴体の合わせ目も紙ヤスリを使って消す。



posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

二式大艇A

このプラモデルで、胴体の窓枠が透明でないので、穴を開けた後、透明のプラスチック素材をはめ込み、窓を作る。写真は窓枠の穴を開けたところだ。


1.1.jpg
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

依頼製作二式大艇

ヤフオクで僕の製作した航空機のプラモデルを落札された方から、新たにプラモデルの製作依頼があった。

キットをお持ちとのことで、早速送って頂いた。

080417_2159~01.jpg


古いキットだ(^^;)いや懐かしい。多分20〜25年ぐらい前か。いやもっと前かも。

このキットを出していたLSというメーカーはもう廃業して、現在はアリイという会社が定価1,000円で販売している。
posted by wakamiyan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二式大艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。