2008年06月02日

ネットオークションに出品してみよう!S

ビジランティが落札されたので、作品を梱包した。

梱包はまずは内箱作りから始める。

IMG_1547.JPG

内箱は100円ショップで売っている工作用紙で箱を作る。今のところこれ以外、いい方法が見つからない。

箱ができたら、麻紐で固定すると作品が滑らなくていい。

IMG_1548.JPG

最後にダンボールに新聞紙で包み込むようにして内箱をおさめ、蓋をして完成。

発送はYahooゆうパックで行う。Yahooゆうパックは安いだけでなく、破損の場合の保険が付くから安心だ。
posted by wakamiyan at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

ネットオークションに出品してみよう!R

今日、完成したRA−5Cをヤフーオークションに出品した。

ネットオークションに出品するためには、作品が完成してもいろいろとやらなければいけないことがある。

まず最初に、写真撮影。

これがまた難しい。僕はベニヤ板とダンボールでついたてを作り、そこに模造紙を貼ってスクリーンにしている。

照明を当てて写真撮影をする。

前にも書いた通り、今回カメラのフラッシュをトレッシングペーパーでカバーして、フラッシュ撮影するとなかなか鮮明な写真が撮れることが判明した。いつも写真が暗くなってしまうことが気になっていたので、この点は解決の道が開けたと思う。

写真はいろいろな角度で撮る。また、特にアピールしたい細部もマクロ撮影で撮っておく。

ヤフーオークションで掲載できる画像は3枚まで。入札を考えている方はもっと完成品の画像を見たいと思うであろう。ブログに沢山の画像を置くと、データの容量がすぐにいっぱいになってしまう。そこで、ヤフーフォトに写真をアップロードして、オークションページからリンクを貼ると、入札者はもっと画像を見ることができる。

今回はブログにて作品の製作をレポートしているので、オークションページにブログのリンクも貼る。これにより入札者はどの様な工程で作品が作られたかを知ることができる。

次に、オークションページの製作。ヤフーオークションにアクセスし手続きを行う前に、商品説明のページを作っておく。だた、オークションのページに直接説明を書くのもいいが、商品説明ページを作ってくれるフリーウェアを使えば、見栄えのあるページを簡単に作ることができる。ソフトにはいろいろあるが、僕が使っているのは「即売くん」、ガイダンスに従って情報を入力していけば、自動的にHTMLに変換してくれて、それをコピーし、オークションページの商品の詳細説明欄に貼り付けるだけ。住所を入力するだけで、ヤマト急便やYahooゆうパックの料金表も自動的に掲載される便利なツールだ。

商品説明のページが完成したらいよいよ出品。撮った画像の中から一番見栄えがするものを選び、一枚目にアップロードする。二枚目、三枚目は全体が見れるものを選ぶ。

商品名の欄に、必ず「完成品」の文字を入れることを忘れない。これを怠ると模型の完成品を探している入札者のキーワード検索にヒットしない可能性があるからだ。

また、オークションページのカテゴリーも、最適なものをえらばなければならない。例えば、航空機模型の完成品を出品するなら、オークション>ホビー、カルチャー>模型、ラジコン、プラモデル>プラモデル>乗り物>航空機>完成品。

せっかく作った作品だし、どうせならたくさん人に見てもらいたい。

そんなこんなで出品完了!

      ↓↓↓
さぁ、落札されるでしょうか!
興味ある方は是非見てください。
posted by wakamiyan at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ネットオークションに出品してみよう!Q

今日は完成したビジランティの写真撮影をした。
今回はカメラのフラッシュにトレッシングペーパーをかぶせてフラッシュをたいて見た。

IMG_1472.JPG

IMG_1470.JPG

本来ならこれで終わりだが、今回はオークションに出品するので、この後は出品準備にかかる。
posted by wakamiyan at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ネットオークションに出品してみよう!P

IMG_1465.JPG

ビジランティとうとう完成!

主脚と主脚カバーは、十分な接着面が確保され、完成後は外れにくいように配慮されている。

さすがは日本製だ。

最後に全体的にクレオス水性カラーのフラットベースをエアブラシ吹いた。
posted by wakamiyan at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

ネットオークションに出品してみよう!O

IMG_1453.JPG

デカールを貼り終えた状態。

クレオスのマークセッター(青のビン)をデカールを貼る部分に塗り、デカールを貼った跡、マークソフター(緑のビン)を塗り、綿棒でなじませる。

マイクロエース製のデカールはクレオスのマークソフターを使うことができる。デカールは比較的良質に思える。

posted by wakamiyan at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ネットオークションに出品してみよう!N

長い間、航空母艦で洋上に派遣され塩で洗われたり、基本的に艦載機は汚いというイメージだ。

IMG_1452.JPG

そのため、パネルラインごとに色を変えたり、塗装の剥がれをタッチアップした跡を表現した。

その後はエナメルのタミヤカラーすみ入れをした。

エルロン、ラダー、エレベーターなどの可動部分はつや消しブラック、その他はライトグレーやフラットブラウンを使って、すみ入れをした。
posted by wakamiyan at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

2008年05月19日

ネットオークションに出品してみよう!L

サーフェイサーをエアブラシで吹いた後、ベースグレーとして、ニュートラルグレーを全体的に吹いた。

IMG_1447.JPG

その上から、筋彫りになるべくかからないように、機体色をエアブラシでグラデーションをかけながら丁寧に吹いていく。

これにより、機体に重厚感がでる。

画像は機体下面色のホワイトSF17875を塗っているところ。
posted by wakamiyan at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ネットオークションに出品してみよう!K

IMG_1438.JPG

合わせ目とヒケを処理した後、サーフェイサーを全体的に吹いた。

エアブラシでサーフェイサーを吹くことにより、ヤスリがけでできた細かい傷を埋めることができるだけではなく、処理されなかった傷やヒケを見つけることができる。
posted by wakamiyan at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ネットオークションに出品してみよう!J

IMG_1418.JPG

合わせ目やヒケてる部分をポリパテで埋め、耐水ペーパーで仕上げを終えた状態。

急に思い立って、両主翼を折り畳んだ状態にするために翼端を切り取った。
posted by wakamiyan at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ネットオークションに出品してみよう!I

 original.JPG

キャノピーにゲート痕や、傷がついているので思い切って磨いてみた。

800.JPG

まず、耐水ペーパー800番で、ゲート痕、傷を消す。

1000.JPG

その後、1000番の耐水ペーパーで磨く。

ここから先は削るというより、磨き上げていくという感じ。

1500.JPG

次は1500番で磨く。

2000.JPG

次は2000番

6000.JPG

その後は6000番で磨く。

ここまで来るとだいぶ、クリアー感が出てきた。

end.JPG

最後はコンパウンドで磨いて仕上げる。
posted by wakamiyan at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

ネットオークションに出品してみよう!G

IMG_1397.JPG

コックピットとシートを塗装した。

IMG_1399.JPG

キャノピーを取り付けてもコックピットが良くみえるので、計器パネルも自作してみた。

機体前部と後部の貼り合せが完了した。

これから三日間乾燥させてから、合わせ目を消す作業に入る。
posted by wakamiyan at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

ネットオークションに出品してみよう!F

IMG_1393.JPG

エアインテークの中がエンジンノズルまで筒抜けという問題は、結局真ん中に仕切りを作って誤魔化すという結論に達した。

IMG_1394.JPG

機体後半上下を貼り付けると奥は見良くえない。
posted by wakamiyan at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ネットオークションに出品してみよう!E

IMG_1391.JPG

透明素材をはめ込み、瞬間接着剤を流し込んだところを、金ヤスリで削り、形を整えた後、400番の紙ヤスリで削った状態。

この後、さらに細かい目の紙ヤスリで磨いて行き、最後はコンパウンドで仕上げる。
posted by wakamiyan at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ネットオークションに出品してみよう!D

<マイクロエースの、(アリイの)ビジランティは、後部座席の窓がない。

ここは、後部に座る人のためにも窓を作ってあげたい。


IMG_1387.JPG

後部の窓を大きめにとって、開口する。この際、ピンバイスで穴を開けた後、デザインナイフで四角く削る。

IMG_1389.JPG

透明素材を切り出して、後部座席の穴にはめ込み、瞬間接着剤を流し込む。

僕は模型の透明素材にひびの入ったCDケースを切り出して使っている。

posted by wakamiyan at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットオークションに出品してみよう!C

早起きしたので、今朝も早朝モデリングをした。

IMG_1385.JPG

キャノピー越しにコックピット内がわりと見えるので、1/72並みに内部を作り込んでみた。

操縦桿は真鍮線だ。

グリップの部分は叩いて広げ、その上から瞬間接着剤をつけて立体感を出す。

ちなみに作り起こしたコックピットは、だいたい1cm四方の大きさ。(下のカッティングマットの目盛りが1cmの目盛りで区切られている。)
posted by wakamiyan at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ネットオークションに出品してみよう!B

昨日、大阪から帰還したばかりなので、朝からいろいろ家のことで忙しくしていた。

昼、嫁がトマト、ピーマンや茄子の苗を買ってきたので、それをプランターに植えていた。

いろいろとやっていたら時間がなくなり、プラモの時間がなくなった。

したがって、今日できた作業はこれだけ。

IMG_1383.JPG

コックピット部分をくり貫き、プラ板、プラ棒、プラペーパーなどを使いイジェクションシートを作った。

明日は仕事だし、今日は疲れたのでこれで寝ることにしよう。
posted by wakamiyan at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ネットオークションに出品してみよう!A

ビジランティを仮組みしてみる。

IMG_1376.bmp

やはり、予想通り、機種と胴体後半のつなぎ目に隙間ができる。

さらには、胴体上下の合わせ目にも隙間が出来てしまう。

IMG_1381.JPG

前から見ると、エアインテークからエンジンノズルの差込みが筒抜けだ。

これも仮組みをしてみて発見した、修正するべきところだ。
posted by wakamiyan at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットオークションに出品してみよう!−1/144、ビジランティ編

僕が航空機模型を完成させ、作品をヤフーオークションに出品し、取引が完了するまでをこのブログにレポートしたいと思う。

のちに完成品のオークション出品を考えられているビギナーやモデラーの方々に参考になれば良いと思う。

ただ単に自分の作りたいキットを作って出品するのもいいが、高額落札を狙うなら、どんな作品が高額落札されているかリサーチしてからの方が良い。

高額で入札されている作品や、自分の気になる作品があれば、「お気に入り」に追加し、最終落札価格をチェックする。

ここであえて付け加えると、お金儲けがしたいなら迷わず他の方法を選択することをお奨めする。

一つのキットにかける人件費が回収されることは極めて稀であるからだ。

少なくとも僕の経験で言えばそうだ。

現在、ヤフーオークションでは1/144、航空機模型の完成品の人気が高い。

そのため、僕も最近、1/144を主に作っている。

1/144航空機模型の人気が高い理由に、

@ 小さく、その分保管スペースを取らない。

A 沢山集めてコレクションケースに並べることができる、

B 食玩でも1/144航空機模型は沢山の種類が発売され、それらと一緒にコレクションすることができる、

が挙げられる。


能書きはこれくらいにして…、

今回はマイクロエース(アリイ)の1/144ビジランティを製作し、ヤフーオークションに出品したいと思う。

IMG_1371.JPG

このキットは先月、模型屋に行ったときにたまたま発見し、即購入したものだ。

アリイのビジランティはあまり売ってないので、見かけたら購入することをお奨めする。

IMG_1373.JPG

箱を開けてみると、ランナーに囲まれたパーツはお馴染み、白の成型色。

筋彫りは少々太いようにも思えるが、許せる範囲内だ。

気が付いた所は、機首と胴体後半部分が別パーツになっている。

僕は胴体前半部分と後半部分が分割されていて、その二つのパーツがぴったりとフィットする航空機のキットに今までお目にかかったことはない。

それからコックピットがない。

キャノピーがクリアーパーツで、コックピットは見える部分。

最低でも座席ぐらいは作ってやらなければ。

それから、後部座席の窓枠がない。

これも再現した方が良さそうだ。

あと、機体の表面が砂地になっているので、これも紙ヤスリで処理する必要がある。
posted by wakamiyan at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/144 RA-5C、ビジランティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。