2009年02月21日

完成

SU1.jpg

記事200件目を記念して、SU−27完成報告です。

ナナニイなのにかなりでかいです。コレクションケースがいっぱいなので、ブラックホークが追い出されました。

プロポーションには満足していますが、左右の垂直尾翼の幅が言われてみると少し気になります。

IMG_2320.JPG

デカールを貼り代えたので、だいぶ良くなりました。

IMG_2324.JPG

IMG_2326.JPG

機体下中央のパイロンは穴を開け忘れて今回はオミットしました(汗

IMG_2327.JPG

正面から見た実機の機首はもっと細長い気がします。

IMG_2331.JPG

横から見ると、サメの全体像が見えます。このデザインはなかなかセンスがいいですね。
posted by wakamiyan at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

デカールに苦戦そのB

劣化したデカールは前部剥がし、ハセガワから送ってもらったデカールを早速貼りました。

新しいデカールは良く馴染み、ストレスもなく貼ることができました。

IMG_2280.JPG

劣化したデカール

IMG_2301.JPG

新しいデカール

あと一息で完成です!

posted by wakamiyan at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

デカールに苦戦そのA

ハセガワのサービス係にメールで相談したところ、取り替えてくれるとのことでした。

IMG_2285.JPG

最初から購入するつもりで、デカール請求カードを送ったら、早々にデカールを80円切手と一緒に送り返してくれました。

何と素晴らしい対応でしょう!

ハセガワサービス係担当の方、有難うございましたm(_ _)m
posted by wakamiyan at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

デカールに苦戦その@

飛行機模型を組み立てるにあたり、モデラーにとって、マーキングは重要なモチベーション要因だと思います。

キットにセットされているデカールで満足するときは良いとしても、そうでない場合は市販のデカールから探す必要があります。

しかし、どの航空機模型を組み立てるにしても、すべてのマーキングのデカールが商品化されている訳でもでもなく、あったとしても売り切れや製造休止品がほとんどです。

そのため、自分の気に入ったマーキングのデカールとめぐり合うことは、ほぼ奇跡的ではないかと僕は思うのです。

年末に僕は、このハセガワ製、SU−27(1/72)「ヨーロッパ戦勝記念マーキング」と、地元の古い模型屋さんで出会いました。

インテークから垂直尾翼にかけて描かれたユニークなサメの絵は、西側戦闘機では定番の「シャークティース」とは違ったもので、僕は非常に新鮮に感じ、惹かれました。

前からスホーイ27に興味があったこともあり、即購入。

そして途中まで作っていた他のキットを放り投げて、スホーイを組み始めたのです。

ハセガワのスホーイはなかなか大変なキットでしたが、何とか迷彩も終え、デカールを貼るところまで漕ぎ着けました。

デカールを切り、水に漬けて待つこと数分。

そろそろ台紙から剥がれそうだったので、指でやさしく触って見ました。

すると!


ペキッ!ペキ、ペキ!


デカールがもろく割れ始めました。


「ギヤ〜!!」 


僕はムンクの叫びのように両手で頭を抱えて叫びました。

僕は昔、塗装を終えたキットに、デカールを貼るため、デカールを水に浸した瞬間、デカールが粉々に溶け出し、ショックで3日ほど寝込んだがあります。

このときのトラウマが僕の脳裏を過りました。

しかし、飛行機モデラーのプライドにかけ、ここは気を取り直して、クールに対処しました。そう、丁度ハドソン川にA320を見事着水させた、あのサレンバーガー機長のように!(←言い過ぎ)

やれやれ、一箇所はなんとか貼ることができましたが、この先不安と考え、とりあえず残りのデカールシートの上からエアブラシでラッカーシンナーを吹き付けました。これでたいがいの劣化でカールは元通りに戻るのですが…。

気を取り直して、デカール貼りを再開。

IMG_2280.JPG

しかし、前よりマシのなったものの、デカールが曲線に馴染まず、綿棒で抑えると、ペキペキ割れるのです(´Д`;)

しかもマークソフターが効かない!ってゆーか、デカールの表面に気泡やシワができ、乾燥後はシルバリングが....。

おそるべしハセガワ製劣化デカール!

IMG_2282.JPG

デカールが少々ズレたにしても、このギャップは明らかにおかしいでしょ!?

あ〜もうここまで来ると、長谷川にデカール請求するしかないかなぁ〜。
posted by wakamiyan at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

迷彩塗装

IMG_2259.JPG

フランカーの迷彩を何とか終えました。

頭に思い描く雰囲気を出すためにいろいろな方法を試みましたが、結局エアブラシのフリーハンドに落ち着きました。

それでもあまり満足はしていなかったのですが、見ているとだんだん慣れてきて、「ま、いっか。」と思えるようになってきました。

人生でも、模型でも割り切りは大切です。(←言い訳がましい。)

それにしても、今回は塗装のやり直しが結構ありました。ハセガワの塗装説明図を真に受けた自分が悪いのでしょうか?
posted by wakamiyan at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

スホーイ萌え

嫁が録画していたFOXチャンネルの「ゴースト」にハマってしまいました。

その結果フランカーにかける時間が大幅に削減し、冬休み中の完成は望み薄に。

それでもだいぶ形になりました。

IMG_2095.JPG

これはハセガワSU−27を作ろうを思っている方は参考にして頂ければと思います。

ノズルパーツ両方共端にバリがあります。それをデザインナイフで取り除こうとすると、ノズルの端も一緒に持って行ってしまうので気を付ける必要があります。ちなみに僕は両方共、バリの処理に失敗し、ノズルがかけた茶碗のようになってしまいましたw

それから、フランカーに萌えたい人はここをクリックしてください。
↓↓↓
STAR OF STHOI


posted by wakamiyan at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

ポリパテだらけのフランカー

IMG_2094.JPG

切り取った卵管を再び接着した後、インテークとノーズコーンを接着しました。

隙間と段差があちこちにできたのでポリパテを盛りつけました。

今のところ気持ちよくパーツがフィットしたのはノーズコーンぐらいせす。
posted by wakamiyan at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

隙間だらけのフランカー

まだ隙間の修正をやってます。

IMG_2086.JPG

脚収納庫はプラ板とポリパテでなんとかごまかしました。ここはこれ以上しないと割り切りました。

胴体の張り合わせをチェックしていたら、機体後方の卵管に大幅なズレを発見しました。(他の部分は合っているのに...。)

IMG_2087.JPG

結局卵管を胴体からカットし、上下を切り離し、再度接着しました(−−;)

パーツのすり合わせはまだまだ続く模様です。
posted by wakamiyan at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

インテイクのフィッティング

おかしいと思いました。そんなに人生甘くないと...。
インテイクパーツを合わせてみると、やはり隙間が...。


一つ目は脚収納庫の中です。

IMG_2084.JPG

見えにくいところとはいえ、何か、立て付けが悪いような、欠陥住宅のような、すっきりとしない隙間です。

ロシア機だし、おそらく実機もこんな感じなんでしょう。(←んなわけない!)

そして、左側インテイクと胴体の間に隙間が...。

IMG_2082.JPG

このように組み進めるにつれ、隙間がいろいろとできてしまうと、もしかして自分のミスでそうなったのではないかと自分を責めてしまいます...。
posted by wakamiyan at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

胴体

IMG_2079.JPG

やっと胴体を張り合わせました。

主翼と胴体が一体化した、広い面積のパーツを上下接着するのはちょっと大変です。

僕は、

@主翼部分に接着剤を塗布して上下のパーツを貼り付け、

A次にマスキングテープ、クリップで貼りあわせた部分を固定しつつ、続いて流し込みタイプの接着剤を流し込んだ後、まずは前部を接着、

Bそして、最後に後部を接着しました。

思ったよりもパーツの合いは悪くなかったです。

IMG_2081.JPG

ただ、左主翼下の合わせ目に隙間が少々できてしまいました。
posted by wakamiyan at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胴体

IMG_2079.JPG

やっと胴体を張り合わせました。

主翼と胴体が一体化した、広い面積のパーツを上下接着するのはちょっと大変です。

僕は、

@主翼部分に接着剤を塗布して上下のパーツを貼り付け、

A次にマスキングテープ、クリップで貼りあわせた部分を固定しつつ、続いて流し込みタイプの接着剤を流し込んだ後、まずは前部を接着、

Bそして、最後に後部を接着しました。

思ったよりもパーツの合いは悪くなかったです。

IMG_2081.JPG

ただ、左主翼下の合わせ目に隙間が少々できてしまいました。
posted by wakamiyan at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

コックピット

IMG_2066.JPG

機体内部はエアクラフトグレーが指定されていますが、実機のコックピットの写真を見ると、青みが強い気がするので、少々青を混ぜてみました。

ハセガワSU−27のコックピットは、計器パネル、サイトコンソールパネルがエッチング製になっています。

シートはメタル製ですが、あまりクォリティーが良くないです。別にプラでも良かったような気がしますが...。

posted by wakamiyan at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/72 Su-27 フランカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。