2010年11月13日

F−5E完成!

結局二ヶ月半かかって、やっと完成しました。

さくっと組むつもりが、なかなか手のかかるキットで疲れました。

IMG_3717.JPG

IMG_3718.JPG

ここで、私なりにAFVクラブ、1/48、F−5Eを組む上での注意点をまとめたいと思います。

1.胴体、翼など、大きめのパーツの合いは結構良いのですが、繊細なリベットが全体にわたってモールドされているので、合せ目処理のとき、消えてしまったモールドの復元がウザイです。合せ目処理の前にあらかじめ上からケガいておくと良いと思います。

2.機首弾倉のパネルの合いが悪いので、パーツを十分すり合わせした方が良いです。個人的には胴体側の淵を削り取ってパネルを取り付けるのが良いかと。

3.細かなパーツのフィッティングがやや悪いです。差込むパーツなどはまず合わないと疑ってかかりましょう。取り付けるまえに十分に合わせが必要です。

4.取り付けてもすぐにぶっ飛ぶような細かいパーツがあります。気をつけましょう。ってゆーか、私の場合、ランナーについてるときからすでにぶっ飛んでどっかに行ってしまっていましたがw この様なパーツを私は金属で自作して取り付けました。

5.キャノピーがど近眼メガネなみにぶあついです。厚さ2mmはあります。さらにキャノピーの厚さを考慮していないのか、前部のキャノピーは射爆器と干渉して浮いてしまい、後部はシートと干渉してしまいます。後部は「開」の状態にする場合は問題ないのですが、前部のキャノピーは削り込みが必要です。(あるいは塩ビ板でしぼるか。)

6.ギアとギアカバーの位置決めが難しいです。あとこれらの接続は細かいパーツで構成されているのですが、強度的に絶対にいただけないです。ムリ!絶対にムリです! 私は、金属線で、ギアとギアカバーを接続しました。

7.デカールは柔軟性に欠けます。曲げるとすぐに、「パリッ」と行きます。でも、クレオスのマークソフターが使えます。

いろいろ書きましたが、これらの問題をクリアできれば、きっと満足の行く完成度になるはずです。

今月、複座型のF−5Fが発売されますが、海軍型のアグレッサータイプが発売されたら、リベンジというかたちで、また作りたいと思います。
posted by wakamiyan at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

久々の投稿

前回のUPから、約一ヶ月。

もうわかみやんは死んだと思ってる人もいると思いますが。

そう簡単にはくたばりませんから。

でも忙しくて模型どころじゃありませんでした。

台風来てるのに今日から九州に出張ですよ。

ところで一昨日、たまたま始業前に一階上の会長の事務所を訪れたら、
せっせと、陸自のトラックを作っておられました。

仕事始める前に作業とはさすがです。

トラックは1/35でほぼスクラッチとか。さすがエンジニア!

ほぼ完成で、すばらしいできです。完成が楽しみです。

一方わたしは、F-5の迷彩塗装で泥沼状態に陥っていました。

迷彩だけに迷走ですよ。(誰がうまいこと言えと・・・。)

選んだ機体のマーキングは、グレー二色とライトブルー一色の三色迷彩で、これが不
幸の始まりでした。

「サクッ」ストレートで組もうと思った時にスムーズにことが運んだことがありませ
ん。(何故でしょうね?)

グレーの二色は、クレオスの308と337で、これは良いとして、

ライトブルーが323(ブルーインパルス用)。

イメージと違うので大量にホワイトを混入して塗装。

IMG_3700.JPG

しかし、実機の写真を改めて見ると323の方が正解のような…。

気になったので再び塗り直しました。

IMG_3702.JPG

自分的には上の方がいいと思うのですが。(そんな問題じゃないか…。)

やばい、もう行かなきゃ。

posted by wakamiyan at 06:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

文化祭の季節

日曜は長女が通う高校の文化祭へ。

長女が所属する茶道部のお茶会へ行ってきました。

okashi.jpg

お茶菓子。これが97%目当てです。

a1a.jpg

長女がお茶をたててくれました。

ocha.jpg

「写真なんて撮らないで早く飲め!」と視線で駄目出しをくらいましたw

さて、F−5Eですが、なかなか進みません。JMCまでには仕上げたいのですが。

IMG_3609.JPG

パーツの合いはいいですが、それでも合わせ目のペーパーがけをしないわけにも行かず。その上、ペーパーをかけるとせっかくの繊細なモールドとリベットが消えてしまいます。その修復も結構大変。

まぁ、贅沢を言うときりがないですからね。

AFVクラブのキット、プラは比較的柔らかめですかね。
posted by wakamiyan at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

コクピット

先々週は、夏の疲れが出たのかもうずっと、ゲリピーでゾンビ状態でした。

おかげて、仕事も模型も空回り。

ビールで体内から消毒を試みましたが、効果があるどころか悪化する一方(←バカ)

仕方がないので、アルコールを一切抜きました。何が一番つらいかって、この暑い中ビールが飲めないのが一番精神的に応えますな。

なので、ビールでもアルコールフリーぐらいなら飲んでも良いだろうという、自己判断で2本ぐらいのんでみたら、案の定ピーピーゲリピー。

お腹が冷えたのでしょうね(T_T)

どうしようもなくなって、とうとう医者に行き、薬を処方してもらいました。

まーそんなところで、復活してタイガーシャーク進めました。

コクピットシートですが、写真の赤丸の部分を削り込まないと、シートがコクピットに納まりません。青丸の部分の差込みピンも削った方が良いです。ピンが太すぎて入りません。

IMG_3589.JPG

これはすべてのパーツに言えることですが、このキットのすべてのパーツで言えることですが、パーツの差込ピンがすんなりフィットすることはありませんので、事前にすり合わせをきっちり行っておくことが大切です。

IMG_3592.JPG

インパネとサイドコンソールは丁寧に色分けしてやるとかなりいい感じになります。

IMG_3591.JPG

シードには醜いピン跡が四つもついているのは残念。今回はそれを隠すために、鉛細工のハーネスを取り付けました。
posted by wakamiyan at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ただ今出張中

ブレマートン海軍基地BOQからの書き込みです。

どうでもいいことですが、研修所に行く途中、朝からアライグマに遭遇。近所にも生息していて特に珍しくはないのですが、あまりにも白昼どうどうとしているので思わず写真を撮ってしまいました。

IMG_3570.JPG

可愛いけど、悪さするんですよね、コイツ。

今年は出張が多いけど、模型も進めなければなりません。食事に誘われても断りつつ、部屋でせっせと模型作りですよ。

IMG_3569.JPG

今回は、F−5Eの胴体と機首左半分を持って来ました。前にも書きましたが、胴体はバラバラ。
でも、パーツは良くフィットしてくれます。パーツはパネルラインよって分割されているので、合わせ目を消す必要は特にありません。しかし、若干段差ができるのでペーパーヤスリでさらってやると良いでしょう。

ただ、機首左側のパーツでは、機首機銃弾倉ハッチのパーツが開閉選択式なっています。といっても、肝心の弾倉部分のパーツがセットされていないので、必然的に「閉」の状態を選択せざる負えないのです。

このハッチが非常に合わせ辛い。

皆さん、このキットを組む時は、この部分のすり合わせをしっかりとしておきましょう!

(と言いながら、当の本人は失敗して隙間ができてしまい、プラ板を噛ます羽目に…)

はじめに、機首側にあるハッチのガイドをすべて削り落とすとすり合わせしやすいかもです。

IMG_3572.JPG


今回の出張中で行ったもう一つの工作。コクピットディテール用のパーツをせっせと作り起しました。主な素材は、板オモリと真鍮線です。

IMG_3568.JPG


そして、出張中のディナーです。日本ではこんなのクリスマスシーズンしかお目にかかりませんよね?

なんと、これ一羽、スーパーで5ドルですよ、5ドル!しかも美味い!

もちろん一晩では食べきれないので、2日間ぐらいに分けて食します。



posted by wakamiyan at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

1/48F-5E着手ですわ

takiさんから催促されているので、さっそく始めたいと思いますw

組み始めましたけどいい感じで進んでいます。今のところフジミのように裏切られていません。手紙を書いて、台湾のAFVクラブの本社に感謝状を送りたいくらいです。(書きませんけどw)

パーツはバラッバラですけど。一部を除いてパーツの合いが良いのですぐに形になります。(←これはポイント高いですよ。)

そうしたら、「どこのパーツの合いが悪いか!?」と聞かれそうですけど、それは次の記事でカバーしますわ。

さてさて、

個人的には優良キットの称号を与えたいのですが、水平尾翼が左右つながっていて、胴体後部上下にサンドして組む構成になっています。そんなん組みにくいやーん?

IMG_3563.JPG

ここは、後のことを考えて左右の水平尾翼を切り離し、外径1.4o、内径1ミリのアルミパイプと1ミリの真鍮パイプで後ハメ式にして、この問題を解決しました。

AFVクラブさん、一昔前のガンプラじゃないんだから…w

posted by wakamiyan at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 1/48 F-5E タイガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。